測量士補とは?

​《測量士と測量士補との違いは?》

測量士と測量士補について詳しくご紹介していきましょう。
みなさんも道路や工事現場で小型の望遠鏡のような機材を使って作業をしている人を見かけたことがあると思いますが、
この機材はトータルステーションと言い、距離と角度を同時に観測可能な機材機器で、測量をする際に最もよく使われているものです。
測量士の資格には、測量士と測量士補の二つがあります。
両者に共通している点として、測量法に基づく国家資格であるため、技術者として基本測量・公共測量に従事出来ます。
一般的に、測量士も測量士補どちらも、建築現場や土木現場での測量に関する資格ですが、仕事内容にやや違いがあります。
法律上では、測量士は測量作業の主任者として測量に関する計画を作成し、または実施をする。
測量士補は測量士の作製した計画にしたがい測量をするとあります。
このように、測量士が指示を出す役となり、測量士補が実際の測量を行うイメージとなります。
簡単に言ってしまうと、指示は測量士のみが出せるので、測量士補は測量士が出した指示に従いそれにしたがって業務を行うというものです。

ただし、これはあくまでも法規上の建前であり実際の現場ではこれは絶対的なルールではなく、場合によっては役割が変わることはあります。
現場では、立場を気にするというよりも、仕事が効率よく進むよう誰もが行動することが求められているからです。
 
《測量士補の具体的な仕事内容》
よく、道端や道路工事現場などで、小型の望遠鏡のようなもので測量をしている方を見かけることがあると思います。
これがまさに測量の業務なのです。身近な道路、鉄道、トンネル、ビルからダムや橋などといった大規模の建物に至るまでのあらゆる建設工事において、
まず最初に行う作業が測量です。工事予定地の正確な位置(座標)・高さ・長さ・面積等を専門的な測量技術を使って測定・測量し、現状図面等を作成します。
この測量の結果によって、開発計画を決めたり、建造物の建設条件を設定、変更するので、誤差のない正確性のある測量結果が要求されます。
《測量士の具体的な仕事》
土木、建築、道路工事を行う場合には、予め工事予定地の地形や建築物の位置を正確に知っておかなければなりません。これを測量する技術者が測量士です。
測量士の具体的な仕事内容として、あらゆる建設・工事現場において安全で正確な工事計画となるよう、
測量法に従った測量計画を立てて実際に現場で測量を実施する仕事です。
ダムやトンネルなどといった巨大建造物を取り扱う会社の工事計画も測量なしでは始めることが出来ません。
測量は工事計画の基盤となるため、測量士が担う役割は極めて重要で、必要不可欠な仕事です。
《フィールドワーク(外業)とデスクワーク(内業)》
測量士(補)の仕事には、大きくフィールドワークいわゆる外で業務を行う外業と、デスクワーク室内で業務を行う内業との二つがあります。
フィールドワークでは、建設や土木工事の現場で実際に地形や建築物の位置を正確に知っておくために、測量する仕事です。
こちらは屋外での野外作業となるので測量に適した時間帯や天候をあらかじめ選びます。
場合によっては、早朝に出発しないと手元が暗く作業ができなくなる現場もあるので外業をする際にはまず日程を決めて作業へと流れ、
残った時間で内業を行うことが多いです。
内業では、測量した結果を基に、製図・分析しながらそれに伴い必要な機器を調達し、予算管理など、デスクワークの全般を指します。
IT化が進む近年ではパソコンを使った業務が増えています。

土地家屋調査士

測量士補